シミはメラニン色素からつくられる!

紫外線などの影響でメラニン色素が多量に発生することでシミがつくられる!

顔の肌に薄茶色にできるシミは、女性にとって大変気になることですが、40歳を過ぎた頃から「ある日、突然にシミがあらわれた・・・」という経験をしている女性は多いと思います。

 

そんなシミは、さまざまなタイプがありますが、その中で最も多くの女性が悩み、加齢とともにできるのが「老人性色素斑」と呼ばれるシミのタイプです。

 

そして、この「老人性色素斑」ができる最大の原因は、紫外線です。

 

シミは、突然あらわれる・・・ということで、その直前に浴びた紫外線のせいと思われがちですが、若い頃から浴び続けた紫外線が、少しずつ長年にわたって蓄積した結果によるもので、ちょうど40歳を過ぎた頃に、新陳代謝が滞ることでシミとしてあらわれるパターンが多くなるわけです。

 

 

人の肌は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていますが、その中で、肌の表面に位置する表皮の中で、タンパク質の一種であるメラニン色素からシミはつくられます。

 

表皮の一番下の基底層には、シミの元になるメラニン色素をつくり出すメラノサイトがあります。

 

表皮細胞が紫外線を浴びると、エドセドリンなどの情報伝達物質が分泌され、メラノサイトに紫外線から肌を守るためにメラニン色素をつくれ、という指示が出ます。

 

通常は、メラニン色素がつくられても、表皮細胞に受け継がれて、少しずつ上に押し上げられ、ターンオーバーとともに排泄されますが、紫外線を浴び過ぎたり、何らかの影響を受けると、過剰にメラニン色素をつくり続けるという暴走が起り、それが、シミとして残ってしまいます。

 

本来、化粧品に含まれる美白成分は、メラニン色素がつくられてシミとしてあらわれる前の段階で、メラニン色素を減らしたりすることが本当の働きで、薄茶色のシミを漂白剤のようにシロに変えるものではありません。

 

ですので、日頃から、紫外線対策をしかっかりと行い、さらに、シミの予防として美白化粧品を使い続けることを習慣化することが大切です。

 

 

 

 メラニン色素の生成を抑制する美白化粧品のサエル

 

ディセンシアの美白化粧品「サエル」は、まずは、バリヤ機能が低下して紫外線などの外部刺激が入りやすくなっている敏感肌、乾燥肌に、保湿成分のヒト型ナノセラミドが保湿機能を高めて、本来のバリヤ機能を取り戻し、外敵刺激をブロックします。

 

そして、サエルには、メラニン色素の生成を抑制するポーラ研究所オリジナル成分のエスクレシドを配合しています。

 

メラノサイトにメラニン色素をつくる指示が出ると、最初にアミノ酸のチロシンがつくられ、次に、酵素酸素のチロシナーゼが働いてメラニン色素へと変化します。

 

サエルのエスクレシドは、このチロシラーゼの生成を抑制し、シミの予防となります。

 

「サエル」10日間トライアルセットのお申込みは、こちらのページから、どうぞ、 ⇒ サエル10日間トライアルセット通販